株式会社 中川

神奈川県秦野市を拠点に樹脂(プラスチック)技術提案・成形・組み立てまで行なう成形メーカー株式会社中川


menu

PAGE TO TOP

金型作製

プラスチック製品のパフォーマンスを考える上で、非常に重要な金型作製。精度の高い金型が、良質の製品を生み出します。中川では、製品をただ作るのではなく、コストカットや信頼性の向上についてのご提案もさせていただきます。

作製の流れ

打ち合わせ
打ち合わせ

金型製作の課題について、お客様からご提出いただいた仕様書や資料をもとに検討します。安全性や耐久性など製品に求められる機能を満たしながら、コストを削減する方法を探ります。


設計
設計

金型の強度や樹脂の流れを考えながら、設計を行います。


データ作成
加工
加工

マシニングセンターやNC工作機械などを利用して、部品を作成します。わずかな誤差が、その後の組立やプラスチックの製品の品質にかかわってきます。そのため最新の注意を払った作業を心がけています。


組立
組立

型本体に加工して作成した部品を組み付けます。型同士の干渉などが起こらないよう、正確に取り付けます。


動作チェック
動作チェック

組み付けを終えた金型で実際にプラスチック成形を行い、その機能を確認します。



Copyright (C) 2016 NAKAGAWA CO,LTD. All Rights Reserved.